阪急「西宮北口」駅前『いなとめ乳腺クリニック』乳腺外科・内分泌外科。乳がん検診、リンパ浮腫外来、マンモグラフィ検査(乳房専用レントゲン検査)、乳房超音波検査(エコー検査)、乳腺疾患の診断・治療、セカンドオピニオンなど。乳腺専門医が対応します。

乳腺疾患の診断・治療

乳腺疾患の診断・治療

乳房について

乳房(にゅうぼう)は母乳(乳汁)をつくる乳腺と、乳汁を運ぶ乳管、それらを支える脂肪などから構成されています。乳腺には腺葉と呼ばれる15~20個の組織の集まりがあり、腺葉は乳管と多数の小葉(しょうよう)からなっています。乳腺でつくられた乳汁は乳管を通って乳管洞にためられます。

乳がんについて

乳がんの多くは乳管から発生し、「乳管がん」と呼ばれます。小葉から発生する乳がんは、「小葉がん」と呼ばれます。この他にあまり多くはありませんが、特殊な型の乳がんもあります。

乳がんは、しこりとして見つかる前に、乳房の周りのリンパ節や、遠くの臓器(骨、肺、胸膜、肝臓、脳など)に転移して見つかることもあります。乳がんの種類や性質によって、広がりやすさ、転移しやすさは、大きく異なります。

乳がんの症状

乳がんが見つかるきっかけとしては、マンモグラフィなどによる乳がん検診を受けて疑いを指摘される場合や、あるいは自分で症状に気付く場合などがあります。

  • 乳房のしこり
  • 乳房の皮膚の変化
  • わきや乳房周辺のリンパ節の腫れ

このような症状がみられたときは、はやめに乳腺外科を受診してください。

乳腺の良性の疾患

乳腺症

乳房の病気の中で最もよく見られる症候です。厳密には病気ではありませんので治すというものでもありません。これは女性ホルモンのバランスが崩れて、乳腺組織の細胞にいろいろな変化がおこり、この変化が強いことによって症状を起こします。症状には乳房の「しこり」のように感じたり、「痛み」や「張る感じ」をなどがあります。また生理の周期によっても症状の強さが変化します。

乳腺炎

乳房に細菌感染をおこして、乳腺に炎症がおこる病気です。授乳期や乳頭が陥凹している人に起こりやすい病気です。乳汁がつまったり、乳頭から乳管内に細菌がはいって感染し炎症を起こします。症状には「乳房の赤み、痛み、腫れ」や「発熱」などがあります。治療には抗生剤が用います。炎症が進み膿がたまった場合には、皮膚を切開して膿を出す必要があることもあります。授乳期以外にも乳腺炎を何度も繰り返して、慢性化し手術をすることもあります。

線維腺腫

乳腺の良性腫瘍で最も良く見られる乳腺症の一種です。とくに20から30代の若年から中年女性の乳腺に発生するしこりで、複数個できることもあります。しこり以外の症状は伴わないことがほとんどです。しこりの成長は遅く、また成長は途中で止まる事が多いのですが、まれに巨大になることもあります。診断がついた小さな線維腺腫は経過観察となります。確定診断のつかないときや、急に大きくなるときには手術で摘出をすることもあります。

葉状腫瘍

線維腺腫によく似たしこりですが、月単位で急に大きくなることがあります。多くは良性ですが悪性であることもあるため、一般的には手術で摘出します。その後の経過観察も必要です。悪性の場合には再発や転移などを起こすことがあります。

乳管内乳頭腫

乳管内に出来たしこりです。乳頭から赤黒い血の混じった分泌液が出ることが多くみられます。症状が無い場合は検査で見つかることが多く、1個だけの時や多発する場合など様々です。悪性を疑う場合は切除する場合があります。

クリニック情報Clinic Information

診療時間
 9:00~12:00
15:00~19:00

休診日木曜、土曜午後、日曜、祝日

0798-64-0777

〒663-8204
兵庫県西宮市高松町5-39 なでしこビル301B

阪急神戸線・今津線「西宮北口」駅『南西口』より 徒歩すぐ
阪急西宮ガーデンズから徒歩約2分
PAGETOP
Copyright © 2019 いなとめ乳腺クリニック All Rights Reserved.