当クリニックについて About this clinic

受診の流れ

  • ご予約
    初めての方も、予約なしでお越しいただけます。 お電話でのご予約が可能です。
    ご予約
  • 来院問診票へ記入

    ご来院されたら

    • 保険証、医療証をご用意ください。
    • 問診票をご記入いただきます。
    • 問診票をもとに、看護師が詳しくお話をお伺いいたします。
      問診票に書ききれないことや、来院のきっかけではないけれど、気になっていることなど、お気軽にお話しください。
    来院問診票へ記入
  • 診察

    診察の流れ

    • 問診
      問診票にしたがい、症状についてお伺いいたします。
    • 検査
      必要に応じて、マンモグラフィ、エコー(超音波診察器)などで詳しく診させていただきます。
    • 説明
      検査の結果を踏まえて、今の状態や、今後の見通しについて、 丁寧な説明をさせていただきます。 画像(レントゲン、エコー)を患者さまと一緒に見ながらわかりやすく説明いたします。  必要であれば更なる精密検査(細胞診検査、組織診検査など)を行います。
    診察
  • お会計
    診察後は、できるだけ早くお会計でお呼びできるよう、スタッフ一同日々工夫を凝らしております。 受付よりお呼びいたしますので、診察終了後は待合室でお待ちください。
    お会計

当院で可能な検査

マンモグラフィ検査(乳房専用レントゲン検査)

マンモグラフィとは乳房のX線撮影のことです。 乳房はやわらかい組織でできているため専用のⅩ線撮影装置で撮影します。圧迫し乳腺を均一にひろげて撮影することで乳房にできる病気を見つけることができ、しこりとして触れないタイプの乳がんのサインである石灰化を描出できることが特徴です。 乳房は左右対称の臓器であるため、圧迫板で乳房をやや強めに挟みながら両側各2方向撮影し、左右を比較し異常を発見します。検査にかかる時間は10分から15分ほどです。 撮影にあたっての食事制限、前投薬など前処置は全くありません。撮影時、圧迫板で乳房を挟むため痛みが伴う場合があります。 ※撮影にはマンモグラフィ講習会を受講し、検診マンモグラフィ撮影認定放射線技師の認定を取得した技師が担当しています。

                            マンモグラフィ検査(乳房専用レントゲン検査)
以下の方は、事前にお伝えください。
  • 心臓ペースメーカーを装着されている方
  • 豊胸手術を受けられた方
  • V-Pシャントをされている方
  • 妊娠中の方や授乳中の方
  • 制汗剤やパウダーをされている方(石灰化に似て写る事があります)
以下の方は、事前にお伝えください。

乳房超音波検査(エコー検査)

超音波の伝導率を高めるために乳房表面にゼリーを塗り、その上からプローブと呼ばれる機器をあて乳房内部を写します。 乳房に超音波をあてて、跳ね返ってきた反射波を画像に表す検査です。乳房の内部の構造をリアルタイムで映像を確認できるため気になる部位を詳細に検査することができます。 乳房を圧迫する必要がないため検査中の痛みはなく、マンモグラフィのようなX線を使用していないため、被曝のリスクはなく妊娠中の方でも安心して検査を受けていただけます。

                            乳房超音波検査(エコー検査)

骨密度検査(DEXA(dual-energy X-ray absorptiometry)法)

骨密度の低下や骨粗鬆症は、骨の強度が低下し腰椎圧迫骨折や大腿骨頸部骨折のリスクが高くなる状態です。 乳がんの治療において女性ホルモンを抑制する薬剤を用いることで女性ホルモンが低下し、そのため骨密度の低下を招くことがあります。そこで骨密度を測定し早期に是正することが重要となります。 現在、様々な骨量測定法があり、各骨量測定法は、測定原理、測定部位、得られる骨量の指標、測定精度、測定時間や被爆線量などの基本性能が異なります。 現時点では腰椎のDEXA法という二種類の異なるエネルギーのX線を照射し、骨と軟部組織の吸収率の差から骨密度を求める検査が最も信頼の高い骨量測定法です。骨粗鬆症診断基準でもDEXA法(デキサ法)を用いて計測することが推奨されています。 当院で採用している機器は前腕での測定機器で、腰椎での検査と比較し、誤差が少なく、放射線の被ばく量も少ない、という特徴があります。 ※骨密度は基本的に利き腕では、日常よく使うために運動量の違いなどにより個人差が大きいため利き腕ではない腕で測定します。
骨密度検査(DEXA(dual-energy X-ray absorptiometry)法)