乳がんとは Breast cancer

乳がんとは
乳がんとは、乳房にできる悪性の腫瘍です。多くの場合、乳管から発生する場合が多いですが、小葉から発生する乳がんなどもあります。小さいうちに見つけると治る可能性が高いですが、進行してから治療すると、他の場所に転移してしまい、様々な症状を引き起こして、命の危険に関わることもあります。そうならないように早期発見・早期治療が重要になります。
乳がんとは
どんなつくりになっているの?
乳がんは、「乳腺」の小葉や乳管が原因になることが多いです。「乳腺」とは乳頭を中心に放射線状に広がっており、15~20の乳腺葉で構成されます。乳腺葉は「乳管」という母乳を運ぶ管と、その先にある母乳を作る袋状の「小葉」で構成されています。 乳がんの95%以上が乳管にできる「乳管がん」、残りの約5%が小葉に出来る「小葉がん」です。他にも腺様嚢胞がんや粘液がんなど特殊なタイプの乳がんがありますが、かかる割合は一般的にあまり多くありません。
どんなつくりになっているの?

自覚症状はあるの?

乳がんにはいくつか症状があるのですが、初期は自覚症状がほとんどありません。 以下の症状が感じられる場合は、進行している場合があるので 一度乳腺外来を受診下さい。
  • 乳房やわき下のしこり
  • 乳房のえくぼや皮膚のひきつれ
  • わきのリンパ節の腫れ
  • 乳首からの分泌物や出血
  • 乳房全体の腫れ
自覚症状はあるの?

どんな人がなりやすいのか

一般的にがんになりやすい人には遺伝的な要因以外で共通の環境要因が あるということがわかってきました。 以下の内容に当てはまる人は積極的に検診を受けてみましょう。
  • アルコール飲料の摂取量が多い
  • 12歳以下で初潮があった
  • 55歳以上で閉経した
  • 35歳以上で初残を経験した・出産経験がない
  • 肥満体型である
  • 避妊薬ピルを長期間服用している
どんな人がなりやすいのか
女性が社会進出している現代は出産などのタイミングが遅くなっており、よりがんになりやすい女性が増えている状況です。検診になかなか行くタイミングが無い方や、自覚症状は無いが気になる方はこの機会に一度乳腺外来を受けてみてはいかがでしょうか。 t